血圧を下げるための食事療法~病気改善サポート機関~

料理

病気に対する食事での治療

医者

現代の三大成人病と言われている高血圧ですが、種類として9割の方が原因のはっきりしていない本態性高血圧と言われており、血圧が上がる要因としては遺伝性のもの、塩分の取りすぎ、肥満や喫煙、飲酒やストレスといった生活習慣が原因のものとがあります。もう一つが二次性高血圧といい、腎性や内分泌性、薬物など原因がはっきりしているもとされています。高血圧は自覚症状があまりないのですが、頭痛やめまいといった場合があり、症状が進行した場合は動機や呼吸困難などがあります。また高血圧の一番怖い点は、他の病気を誘発することで、心臓病や脳血管障害などの死亡率の高いものが起こりやすいとされています。治療方法に血圧を下げる薬や食事療法が主とされています。

食事療法で一番は塩分を控えることがあげられます。塩分は血圧を上げてしまう大きな要因です。しかしながら、食事をする上で塩分を控えることは大変難しい事です。塩分摂取で控えたい食事として、干物や漬物、つくだ煮といった加工食品の摂取を控える事、麺類の汁は野間に酔うにすること、醤油は減塩醤油などをうまく使用するなどが大切です。難しいと思われる食事療法ですが、天然だしを使ったり、レモンや酢やのりといった風味をきかせる事で塩分がなくても食べやすくできるので、食事作りに工夫をする事が大事と思われます。栄養バランスの取れた食事も大切で、脂肪も動物性を多く摂取してしまうとコレステロールを増やすしてしまい、他の病気にもつながってしまうので塩分だけでなくきちんとした食事をする事がより良い食事療法につながるとされています。